ご挨拶

海外研修 KYO のあけぼの会

会長
田中 田鶴子

 会員の皆様におかれましては、ご健勝にてご活躍のこととお喜び申しあげます。平素より海外研修KYOのあけぼの会の活動にご理解とご協力を賜り、心より厚く御礼申しあげます。

2018年は京都・パリ友情盟約締結60周年、そして京都とパリの両商工会議所友好協定締結30周年を迎える記念すべき年にあたり、「異文化共生の未来」をテーマに掲げ、6月にパリへの自主研修を実施いたしました。パリ市庁舎で行われた京都・パリ友情盟約締結60周年記念式典では、両市の友情を再確認し、互いの発展に向けたさらなる連携を誓うとともに、京都とパリの文化を融合させたコシノ・ジュンコ氏プロデュースによる「能とファッション」のコラボショーに感銘を受けました。また、京都・パリ商工会議所友好協定締結30周年では、「京都ビジネスメッセ in Paris」の見学を通じて、両市の商工業のますますの発展と友好関係の継続を願い、思いを新たにすることができました。

10月20日には第30回となるKYOのあけぼのフェスティバルが開催され、ワークショップにおいて「活躍する女性を目指す京都とパリ」と題した研究発表を行いました。平成元年から男女が社会の対等な構成員として輝くことができる男女共同参画社会の実現をめざし、毎年開催してきたあけぼのフェスティバルも、30回の節目を迎えることができました。これもひとえに会員の皆様の温かいご支援の賜物と感謝いたしております。

2019年は「働く女性の学び」をテーマ年、「過去と未来」をサブテーマとして、関東方面へ第19回となる国内自主研修を計画しております。本年もぜひ多くの皆様にご参加いただきますようお待ちしております。
当会は1989年の設立より、地域社会活動のリーダーとしての資質向上や、女性関係団体相互のネットワークを作り、さらに国際交流の促進をめざして活動を続けてまいりました。その間にも女性を取り巻く社会環境は大きく変化し、組織や社会の発展には女性の活躍が不可欠とまで叫ばれる時代になりました。今後とも当会は活動を通じて、京都府が推進される共生社会の実現の一助を担うべく、歩みを進めてまいりますので、会員の皆様のご支援、ご協力をお願いいたします。