京都府ご挨拶

京都府府民環境部
副部長     木村真子 氏 

「海外研修KYOのあけぼの会」の皆様におかれましては、京都府政の推進に御理解と御協力を賜っておりますことに、心よりお礼申し上 げます。 さて、1月13日には新 型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言が再び発出され 、当初の期限も延長されました。外出の自粛 、イベント等の開催制限等に御協力頂いております府民の皆様や事業者の皆様 、そして、府民の命と健康を守るために昼夜を分かたず御奮闘いただいております医療従事者をはじめ全ての皆様に、心 から感謝と敬意を表します。

新型コロナウィルス感染症の影響は 、新しい様式に適応することが求められています。他方、バーチャルではなく直接触れる「本物」には格別の感動や魅力があることや、絆やつながりが貴重であることが強く認識されました。

今年度貴会におかれましては、まさに未来を見つめて「ポストコロナの新しい京の旅」をテーマに、「海の京都」「森の京都」「お茶の京都」「竹の里乙訓」を取材され、京都府内の観光資源を改めて発見いただくとともに、地域の方々によって守り育てられた文化を御紹介いただきました。
「海外研修 K Y Oのあけぼの会」の取組が、地域における女性の活躍を先頭に立って牽引いただいていると、改めて確信させていただいたところです。
昨年末、国において「第5次男女共同参画基本計画」 が策定され、京都府におきましても、「KYOのあけぼのプラン(第4次)―京都府男女共同参画計画―」を 今年度中に策定いたします。人生100年時代の到来、 働き方改革 、デジタル化の進展など新しい時代に対応した施策を推進してまいりたいと考えておりますので、引き続き、皆様方のお力添えをお願い申し上げます。

結びにあたり、「 海外研修 K Y O のあけぼの会 」のますますの御発展と、会員の皆様の御健勝を心より祈念申し上げます。